プロレスリング華☆激

2008年の出来事

2月3日 『博多☆エストレージャ』 さざんぴあ博多大会
◇コスモ&ガルーダがDRAGON GATE勢を相手に博多タッグ王座2度目の防衛に成功。      
◇新王S五番勝負スタート。相島が新泉をブラック・ジャスティスに勧誘。

2月22日 プロレスリング華☆激TVスタート。

3月2日 『博多☆スタイル』 東京大会
◇コスモ&ガルーダが博多タッグ王座3度目の防衛に成功。
◇ディアブロが博多ライトヘビー王座2度目の防衛に成功。

3月30日 『第23回さくらフェスタ高城』 宮崎・都城大会
◇土砂降りの中で試合を敢行。

4月20日 『NEXT BATTLE FIELD』 佐賀・鳥栖大会
◇アステカが右脚を負傷。

5月2日 『都城☆エストレージャ』 宮崎・都城大会
◇藤波辰爾が初参戦。
◇新王S五番勝負第二戦。

5月4日 『博多☆エストレージャ』 さざんぴあ博多大会
◇相島&久保が博多タッグ王座に返り咲き。
◇ブラック・ジャスティスが新泉に対し、今日の試合で負ければブラック・ジャスティスに入るように強要。新泉は自分が勝てばディアブロの博多ライト王座に挑戦することを条件に受諾。
◇アステカが怪我を押しての出場。
◇休業中の日高洋輔が予告なしの参戦。

5月24日 『門司みなと祭り』 1日目
◇雨の中での開催。
5月25日 『門司みなと祭り』 2日目
◇新王S五番勝負第三戦。

6月15日 『スティッカムスペシャル』 名古屋大会
◇初のインターネット生中継マッチを開催。

6月22日 日高洋輔の退団を発表。

8月3日 『博多☆エストレージャ』 さざんぴあ博多大会
◇ディアブロが新泉を相手に博多ライト王座3度目の防衛。
破れた新泉だがブラック・ジャスティス入りを拒否。
負傷欠場中の林田がディアブロに襲われる新泉を救出。
◇ドラゴン・ユウキがこの日を最後に南の島へと旅立った。

9月23日 『名古屋☆エストレージャ』 名古屋大会
◇ウルティモ・ドラゴン初参戦。憧れの選手との対戦にコスモが号泣。
◇相島&久保が博多タッグ王座初防衛に成功。
◇新王S五番勝負第四戦。

10月5日 アステカ&奈須リングアナのコンビ“トペ☆コン”がM-1グランプリ予選に出場。惜しくも1回戦敗退。

10月12日 『マリゾンチャリティーイベント』 福岡・百道浜大会

11月8日 『博多☆エストレージャ』 さざんぴあ博多大会
◇ディアブロに襲われる林田を新泉が救出。新泉は今後は林田と二人で戦って行くと宣言。
◇新王S五番勝負最終戦。新泉とKINGの直接対決は新泉が勝利。KINGの握手を新泉が意味深な拒否。

11月30日 『NEXT BATTLE FIELD』 佐賀・鳥栖大会
◇KINGが地元凱旋試合でアステカとシングル対決。

12月23日
◇新泉が魁の持つDOVE世界ヘビー級王座に挑戦するも奪取ならず。
スポンサーサイト

FC2Ad