プロレスリング華☆激

訃報

長年に渡り東海プロレスでメインレフェリーを務め、ここ数年は華☆激の名古屋大会でも裁いていただいたテッド三矢レフェリーがお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈りいたします。    
              プロレスリング華☆激 選手・スタッフ一同

image004_20160615081927ac4.jpg
※以下、東海プロレスホームページより転載。
当団体で長年に渡りレフェリーを務めてきましたテッド三矢(本名/三矢浩史)が、2016年5月30日に亡くなりました。享年41歳。

三矢は団体草創期の1993年に入団し、同年11月にレフェリーデビュー。以後23年間、メインレフェリーを務めました。リングネームの由来は亡きテッドタナベ氏。当初は無許可で名乗っていましたが2003年にタナベ氏の許可を得て、タナベ氏亡き後も「テッド」を名乗り続けました。19歳で入団して以来一度も退団せず、団体の活動を支え続けた彼の功績を称えるとともに、三矢の裁く試合を楽しんで下さった多くの方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

JWA東海プロレス 代表.脇海道弘一


スポンサーサイト

FC2Ad